MENU
スマホで即相互オナニーするなら
無料から遊べる優良出会い系サイト
[華の会メール]中高年・熟年の為の恋愛コミュニティ
アプリはこちらから
スマホでアフィリエイト

YYCで福山市在住の風俗勤務歴あり介護士と出会った体験談

気軽に遊べるエロ出会い系アプリはここから

女の子とエッチなことする前にお金稼ぎネットカジノ

目次

YYCで福山市在住の風俗勤務歴あり介護士と出会った体験談

今年の春、俺は出会い系サイトYYCで福山市在住の女性ことみさんと出会いました。
ことみさんの年齢は28歳で、職業は介護士。
出身は俺と同じ岡山県の吉備中央町で、大学から福山市に住んでおり、1つめの福山市内の介護施設を退職してから2年ほどヌキの風俗店で働いてた経験があり、2つ目の介護施設へ転職が決まって風俗店をやめたとの事。


ことみさんの身長は160センチでEカップのややむっちり体型。
髪はミディアムの黒髪ストレートで顔の雰囲気はフジテレビの永尾亜子アナが近い感じ。
福山市在住だけど同じ岡山県民だったのと、風俗店勤務経験ありで優しさとエロさを兼ね備えた雰囲気、そして理想の髪の長さにひかれて俺がことみさんにメッセージを送信。
そして、
ことみさん「メッセージありがとうございます。髪ほくせっ毛なので自信はないですけど。一緒にリラックスしあえる関係になると嬉しいな。よろしくお願いします。」
と返事がきて、ことみさんとやりとりが始まっていきました。
やりとりはことみさんに関する事がメインで、高校は岡山市の高校にバスで通ってたとの事。
中高とバドミントンしてたと言ってましたね。
そして、1つめの介護施設を辞めてヌキの風俗店で働いてたとの事ですが、介護施設辞めてお金に困ってたのもあるのと、あと昔から癒し系と言われる事も多かったし人に尽くすのが好きとの事で2年ほど福山市の風俗店で働いてたとの事でした。
そして、癒し系て風俗勤務経験ありなら自分でもいけるというのがさらに自信になり、本題に入るかのように、
俺「俺はエッチの時女の子の髪をくしやスプレーで整えてからエッチに持っていくの好きだけど、ことみちゃんはそういうの大丈夫?」
ことみさん「うん、良いですよ。私ほんとくせっ毛ですけど、それでも良いならお願いします。」
と言い、意気投合。
そして、YYCで知り合ってから約3週間後の土曜日夕方、LINE交換して、お互い仕事が休みでことみさんが福山から岡山まで来れると言う事でことみさんに岡山市まで来てもらい、近くのローソンで待ち合わせてからことみさんに車に乗せてもらい、近くの大阪王将でごはんを食べる事になりました。
初めて会った時はお互いコロナ禍てマスク着用で顔は分かりにくかったけど、しゃべり口調はおっとりしててすぐ打ち解けられました。
ただ、まだことみさんはLINEの時同様敬語が多かったですね。
で、ことみさんがくせっ毛といった髪ですが、YYCに載せてた写真みたいに黒髪のツヤツヤなストレートで、多少乱れはあったもののくしやスプレーでといたらすぐまとまりそうな感じで早くことみさんの髪とときたい気持ちでいっぱいでその時からムラムラしてましたね。
そして、店内でお互いマスク取って素顔になると、写真と同じだねみたいな感じで言い合ったのを覚えています。
そして、店内ではことみさんに岡山はよく来るのかという話になり、
ことみさん「岡山市は高校岡山市だったから友達と会ったり女子会する時来る事ありますよ。その友達一昨年結婚して去年の秋に子供できたけど凄い可愛かった。」
とか言って話してましたね。
そして、大阪王将で食べてからエッチしても大丈夫な感じだったので俺の家に。
部屋に入ってから少し雑談し、話が落ち着いてから俺は部屋の奥からことみさんの髪をとくためのくしとスプレーを持ってきて、
俺「あ、ことみちゃん髪して大丈夫かな?」
ことみさん「はい、くせっ毛ですけどお願いします。」
と言い、お互い全裸になって部屋を薄暗くしてからことみさんの髪をといていきました。
髪をといてる時ことみさんの髪が良い匂いしてので聞くと、
ことみさん「ありがとう。これ髪用の香水つけてるんですよ。風俗してた時仲良かった嬢がつけたて勧められたんだ。いち髪も良い匂いですね。」
と言ってましたね。
その頃からことみさんの口からもため口が出るようになり、ドキッとしたしなんか嬉しかったですね。
まず、頭頂部から髪の分け目をきれいにつけ、そして両サイドをといていきました。
時折ことみさんの髪に顔をうずめたり髪を撫でたりしたがらといていき、くしでとくだけでなくコードレスのアイロンも使ったりしてといていきました。
コードレスのアイロン使ってる時は、
ことみさん「アイロンもあるんだ、すごい。」
俺「ありがとう。ドンキで買ったよ。」
ことみさん「へぇ~。でもコードレスって良いね。」
といった会話も交え、最後は後ろ髪もといて髪も両サイドといてきれいな内巻きになると、
俺「髪きれいに内巻きになったね。髪さらさら。」
ことみさん「私くせ毛なのに内巻き嬉しい。」
と言い、髪を横目でたしかめながら両サイドの髪に手をそえて嬉しそうな仕草をしてることみさんが可愛かったですね。
そして、俺と目が合うと、ことみさんは俺にキスしてきて、
ことみさん「アハッ、チューしちゃった。」
と言ってはにかみながら笑い、続けて、
ことみさん「キス好き?」
と言い、俺がうんと言うと、今度はことみさんが舌を絡めてDキスしてきました。


ことみさんはおっとりした口調ながらも風俗勤務歴ありなだけあって、ことみさんのDキスはねっとりとしてて濃厚さを感じましたね。
今度は俺がことみさんの髪の分け目から髪をなぞっていき、
俺「俺髪の分け目左が好きだからことみちゃん左分けで嬉しい。」
と言うと、
ことみさん「良かった。私昔から左分けしてるから好みで嬉しい。」
と照れながら言ってましたね。
そして、今度は俺はことみさんのおっぱいを揉み、
俺「ことみちゃん良い胸してるね。」
ことみさん「私ぷにぷにしてるからじゃない?」
俺「そんな事ないよ。」
と言いながらも、俺はややむっちりしたことみさんのセクシーな体にもムラムラしてましたね。
そして、
俺「ことみちゃんもっと攻めてほしいな。」
と言うと、そこからはことみさんが攻める事が多くなり、会話も少なくなり本格的なエッチになっていきました。
ことみさん「じゃあいかせてもらうね。」
と言い、まず俺を押し倒して俺にDキスしたり乳首や頬をペロペロと舐められました。


そして、元ヌキの風俗嬢とばかりにチンチンを掴み、チンチンをペロペロ舐めたり二重の大きな目で上目遣いしながらフェラチオしてきたりしました。
そして、ことみさんがフェラチオを止め、また目が合うと、またことみさんの方から俺にキスしてきて、俺に髪が当たるように俺にスリスリしてきました。


そうしていくうちに俺のチンチンは汁まみれになり、俺はことみさんを押し倒してことみさんのあそこにチンチンを挿入。
そして、ことみさんの髪を撫でたりキスしながら感度を高め、
俺「出すよ。」
ことみさん「うん。」
の一言で俺はことみさんのあそこにフィニッシュしました。
フィニッシュ後はお互いありがとうと言いあいましたが、特に髪をといてもらったのが嬉しかったみたいで、風俗店でも髪してもらった事なかったし髪のケア頑張ろうかなと言ってましたね。
そして、翌日ことみさんが介護の仕事があるとの事で夜11時前にことみさんは福山に帰宅しました。
その後は2回会ってエッチしたりしましたが、いつの間にかことみさんのLINEアカウントが消えて自然消滅になりました。
でもことみさんはおっとりしてた居心地が良かったので、また会いたい気持ちが残っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次