MENU
スマホで即相互オナニーするなら
無料から遊べる優良出会い系サイト
[華の会メール]中高年・熟年の為の恋愛コミュニティ
アプリはこちらから
スマホでアフィリエイト

マッチングアプリからの出会い(失敗談) 出会い系体験談

気軽に遊べるエロ出会い系アプリはここから

女の子とエッチなことする前にお金稼ぎネットカジノ

目次

マッチングアプリからの出会い(失敗編)

5月連休に入っていた。

連休は 仕事も休みで 友達と遊ぶ約束もしてなく ボーっと過ごしていたがある事を思い出した。

この前 ランチに行った時に 友達がマッチングアプリに登録して数人の男性とご飯を食べに行ったって事を。
マッチングアプリに興味があった私は 色々 友達に質問した。知らない人と会って 怖くないの?
自分のタイプじゃない人が 現れたらどうするの?会ってすぐに ホテルに誘われたりしないの?聞きたいことは山ほどあり2時間くらいマッチングアプリの話で 盛り上がった。

友達は数人と会ったが どの男性とも 1度 ご飯を食べに行っただけで その後は なんの発展もなかったようで 暇な時間が潰れて良かったと笑って言っていた。

そうだ!私もマッチングアプリ登録してこの何の予定もない暇な時間を潰そう。

初めての登録。

簡単な自己紹介と写真がいる。

写真は 正直焦った。

知り合いにマッチングアプリに登録してるのを知られたくない。

スマホの中に入っている自分の写真をスクロールして探した。

後ろ姿で写っている写メが1枚あった。

これにしよう。

女性は 男性会員のみ見れる事ができた。

沢山 登録している男性がいる。

年齢も 幅広い。登録したらすぐに何通もメッセージがきた。

初めまして よろしくお願いします 良かったら仲良くして下さい。

定型文かと思うほど 一緒の内容の文章が送られてくる。

返信を 必死になってしたが またすぐに返信がくる。

もう誰と何を話したかどうか訳が分からなくなってくる。

数人に絞ってみよう。

何となく この人となら メッセージしてても楽しいかなと思える人とメッセージを続けた。

しばらくすると メッセージを送信するのに お金がかかるのでLINEをしたいと言われた。

女性は お金は かからないのに男性は かかるんだ。

気の毒に思い私は LINEのIDを教えた。

LINEでの やりとりも楽しかった。

LINE電話で話をしたいと言われ 知らない人と電話するのは緊張したが 電話も とても話しやすい雰囲気で 楽しく長電話をした。

電話をした数日後に写メが観たいとLINEがきたので 送り合いをするならOKという事で 写メ交換をした。

送られてきた写メは かなりボヤけていて分かりずらかった。

もっとハッキリした写メが欲しいと言ったが 会った時のお楽しみと言われた。

会うのなんて ドキドキだ。

ちゃんと話出来るかな!嫌われたらどうしようとか色々考えていたら いつ何時に会おうとLINEがきた。

断る理由もないのでOKと返事をした。

初めてのデートコースはドライブして ロープウェイに乗って山の澄んだ空気を吸いにリフレッシュしに行こうというコースだった。

待ち合わせ場所は 近くのドライブインにした。

もう心臓がバクバクして脈拍が早くなるのも分かった。

相手はもう到着しているようだ。

着いたよ! ここの場所にいる!とやりとりをして 車から降りた。

向こうから 軽く走ってくる男性がいる。

えー!!!思ってた人じゃない。

写メをぼやかしていたのはそのせいだったんだ。

何であの時気がつかなかったんだろう。

全く私のタイプじゃないというか むしろ一緒に居たくないタイプ。

一緒にドライブなんてしたくない。

帰りたいけど 頭がパニックになってて 今すぐに断る理由も見つからない。

どうぞ!乗って!って言われて 車に乗ってしまった。

車は発進した。

もうロープウェイにいくしかないのか。

最悪だ。

電話で話した感じで 相手が話かけてきた。

1度 電話で話してたので 話しやすい。

横を向くと相手の顔が見えてしまうので 前だけを見て話した。

相手は楽しそうにしていたが もちろんロープウェイの中も山の散策の時も 前だけを見ていた。

初めてのマッチングアプリは 色々勉強になった。

ドライブから 帰ってきたら ぐったりと疲れてしまっていた。

その相手には 後日LINEで ごめんなさいと送信した。
1日 私 頑張ったな!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次